審美歯科セラミック治療の手順


セラミック治療の工程 −審美歯科


「セラミック治療」と言っても、様々な治療法・治療材料がありますが、
ここではオールセラミッククラウン(オールセラミックの被せ物)の
治療工程をご紹介します。



ご相談に見えた、こちらの方は『以前に治療をした歯ぐきの黒ずみと、
全体的な歯の黄ばみをキレイにしたい』とのご希望でした。

歯ぐきの黒ずみは、変色を起こさないオールセラミックの被せ物に替え、
周囲の歯にホワイトニング治療を行う計画を立てました。

1.歯ぐきの黒ずみと、歯の着色のお悩みで、来院された時の状態です
セラミック・ホワイトニング開始前

前歯2本と、向かって右側の前歯1本の
合わせて3本を以前に治療されていました。

プラスチックを含んだ被せ物でしたので、
歯ぐきの黒ずみを引き起こしています。
また大きさがそろっておらず、
2番目の歯が内側に入ってしまっている
状態でした。

2.白いグラスファイバーで土台を立て直し、周囲の歯にホワイトニング後です
ホワイトニング終了。白い土台を立てました。

周囲の歯にホワイトニングを行い、着色が
改善されました。
シェードガイドでの数値は、4.0から0.5と、白さがアップしました。

前歯3本には、白いグラスファイバーで
土台を立て直しました。
グラスファイバーには
金属やプラスチックが含まれていないので
変色を引き起こすことはありません。

変色や黒ずみを引き起こす素材が
取り除かれたことで、歯ぐきの黒ずみも
回復してきています。

3.仮歯を装着し、噛み合わせなどの調節を行います
セラミックの仮歯装着の状態

白い仮歯が入りました。
仮歯の段階で、噛み合わせや
希望の角度、歯の大きさなどを細かく
チェックします。
周囲の歯に合わせて、色みの調整も
行います。

土台を立ててから、仮歯を入れる工程
までは一度に行いますので、
歯が無い・という状態はありません。
また、仮歯にもプラスチックや金属を
使用していないので、仮歯装着中に
歯ぐきが黒ずむこともありません。

4.全ての治療が終了。とても明るいお口元になりました
オールセラミッククラウンが入り、全ての治療が終了

上の歯3本にオールセラミッククラウンが
入り、全ての治療が終了しました。
下の歯との噛み合わせや、
色のバランスも良く、とても自然な
仕上がりです。

歯ぐきの黒ずみも治り、治療前と比べると
全体的に明るいお口元になりました。

ご本人にも大変喜んで頂き、
「周囲から若くみられるようになった。
もう口を手で隠さずに笑えます。」と
おっしゃって頂きました。