審美歯科QandAひろば -審美歯科推進研究会-


Question

喫煙者はインプラントが出来ないって本当ですか?
私は1日だいたい1箱半くらいタバコを吸います。
奥歯にインプラントを検討中ですが、
友達から「喫煙者はインプラント出来ないらしいよ」って聞きました。
本当ですか?

Answer

喫煙されている方は、インプラントの成功率が下がります。
確実に失敗してしまうという事はありませんが、成功率が非喫煙者に比べてかなり下がるため、治療をお断りするケースもあります。

インプラント治療では、インプラント(人工歯根)を、歯の根があった位置に埋め込みます。
埋め込んだ後に治癒期間をとり、その間に顎の骨とインプラントが結合してから
上部構造などの治療段階に移ります。
この時、顎の骨にきちんと結合しないとインプラント治療は成功しません。
喫煙される方は血流量が非喫煙者に比べて少なく、栄養分の流れも滞りがちです。
その為、インプラントが結合するだけの治癒力が得られにくく、成功する確率が下がってしまいます。

同様の理由から、糖尿病の方にもインプラント治療を制限するケースがあります。

Q and A 一覧に戻る