ワイヤー矯正・マウスピース矯正


歯を削らず歯並びを整える、矯正治療


お口元全体の歯並びを、歯を削らずに整えたいと希望され、矯正治療を選択される方は多くいらっしゃいます。
以前は銀色のワイヤーとワイヤー固定装置による目立つものが主流でしたが、今は様々な矯正治療があり、より目立たずにより手軽に歯並びを整えることが出来る矯正治療が増えて来ています。
はじめての審美歯科では、その中から目立たないホワイトワイヤーによる矯正治療と、透明な取り外し可能なマウスピース矯正をご紹介します。


透明で取り外しが可能なマウスピース矯正

マウスピース矯正画像マウスピース矯正は、矯正治療の中でも新しく、注目を集めている人気の施術方法です。
最大のメリットは、「いつでも取り外しが出来る矯正治療」というポイントです。
お1人お1人の歯並びに合わせてオーダーメイドでマウスピースを作成し、装着することで歯並びを整えていきます。

マウスピースは透明なプラスチックのような素材ですので、装着していてもほとんど目立ちません。
また歯を磨く時などに取り外すことが出来るので、虫歯のリスクもぐっと低くなります。

マウスピースにはアメリカ製のインビザラインや、国産のアソアライナー、アクアシステムなどがありますが、お勧めは国産のアソアライナーです。
元祖マウスピース矯正はアメリカ製のインビザラインと言われていますが、マウスピースの作成をアメリカで行うので、日本での治療の進捗が遅れてしまいがちです。
また治療完了までの歯型を一度にとってしまう方法を採用しているので、歯が動くにつれ、動きの誤差を正しくカバーすることが難しくなってしまいます。
予定通りに歯が動かない場合には、マウスピースを作り直すこともあるため、リスクが大きいと言えます。

対して日本製のアソアライナーは、日本でマウスピースを作成するので進捗に遅れが少なく、早く治療をスタートさせることが出来ます。
また歯の動きに合わせて、その都度歯型をとってマウスピースを作成していくので、予定通りに歯が動かなかった場合にカバーすることができ、より綿密な治療プランを立てることが出来ます。
マウスピース自体に厚みの段階を持たせ、少しずつ動かしていくという方法を採用していますので、痛みが出にくい点もポイントです。



治療の流れ

1.カウンセリング
まずはカウンセリングを行い、希望される歯並びを元に、治療のプランを立てます。
マウスピース矯正では治療が行えないケースもありますので、カウンセリングできちんと診断をしてもらいましょう。

2.初診・精密検査
口腔内の状態を判断するために、様々な検査を行います。
横や正面からレントゲン撮影を行い、歯型をとります。
歯並びをお顔に合わせて理想のバランスで整えるよう、お顔全体の写真をとるケースもあります。

3.診断
検査結果に基づき、具体的な治療の進め方や費用を診断します。
マウスピースは1ヶ月につき1マウスピースを使用しますが、これをステップと呼びます。
理想的な歯並びに整うまで、何ステップ必要なのか、専用のシュミレーションソフトを使用して算出します。
お支払いには、デンタルローンが利用出来るクリニックだと安心かもしれません。

4.治療開始
お1人お1人にオーダーメイドしたマウスピースを装着し、治療開始です。
診断結果から治療をスタートするまで、国産のマウスピースだと約2週間、アメリカ製のマウスピースだと約1〜1.5ヶ月が掛かります。
ワイヤー矯正に比べ、治療自体は比較的短い期間で治療が完了します。
定期的にクリニックに通いながら、治療を進めていきます。

5.保定開始
理想的な歯並びに整ったら、最後のマウスピースは保定(ほてい)用です。
歯がまた元の位置に戻ってしまわないよう、動きを止める期間です。

6.治療完了
歯並びが固定されたら、治療は完了です。
治療前の歯並びの状態にもよりますが、大体1年程度で治療が完了するケースが多いです。




目立たないホワイトワイヤー矯正

通常、ワイヤー矯正(歯にワイヤー固定装置とワイヤーを装着して行う矯正治療全般を「ワイヤー矯正」と呼びます。)に使用されるワイヤー固定装置(ブラケット)とワイヤーは、銀色の金属製のものを使用します。

ですが、歯の中に銀色の金属があるととても目立ってしまい、今までワイヤー矯正に踏み切ることの出来なかった方々は、この点を大きなデメリットに感じていました。
ワイヤー矯正は矯正治療の中での基本的な治療で、マウスピース矯正では治療が難しいケースも治すことが出来るなどのメリットも多い治療です。
ホワイトワイヤーによる矯正治療は、今までの目立ちすぎてしまうというデメリットを上手くカバーし、ワイヤー矯正本来のメリットを最大限につかった治療法といえます。


ホワイトワイヤー矯正画像ホワイトワイヤー矯正治療に使うのは、セラミック製の白くて透明なブラケットと、ホワイトワイヤーです。
笑った時などに見える部分に金属が使われることが無く、ほとんど目立ちません。
今までの金属のワイヤー矯正に抵抗のあった方でも、ホワイトワイヤーならと治療をスタートさせた方も多くいらっしゃいます。



治療の流れ

1.カウンセリング
まずはカウンセリングを行い、希望される歯並びを元に、治療のプランを立てます。
口腔内をチェックし、治療の大まかな流れなどを説明していきます。
不明な点、分からない点などをきちんと聞いてもらい、納得した上で治療をスタートさせましょう。

2.初診・精密検査
口腔内の状態を判断するために、様々な検査を行います。
横や正面からレントゲン撮影を行い、歯型をとります。
歯並びをお顔に合わせて理想のバランスで整えるよう、お顔全体の写真をとるケースもあります。

3.診断
検査結果に基づき、具体的な治療の進め方や費用を診断します。
お支払いには、デンタルローンが利用出来るクリニックだと安心かもしれません。

4.治療開始
歯にブラケットを取り付け、ホワイトワイヤーを通して治療開始です。
ワイヤー装着中は食べカスや汚れが溜まりやすいので、クリニックでエアフローなどを行い、汚れをきちんと落とします。
定期的にクリニックに通い、ワイヤーやブラケットを微調整しながら治療を進めていきます。

5.保定開始
理想的な歯並びに整ったら、保定(ほてい)のためのリテーナーを装着します。
歯がまた元の位置に戻ってしまわないよう、動きを止める期間です。

6.治療完了
歯並びが固定されたら、治療は完了です。
治療前の歯並びの状態にもよりますが、大体2年程度で治療が完了するケースが多いです。