インプラントの治療例



審美歯科 インプラント治療例1


審美歯科・インプラント
治療前です。
笑った時に見える、上の横の歯が
抜けてしまった とのご相談でした。


治療前です。

笑った時や、口を大きく開けた時に見える
上の横の歯が抜けてしまい、自然な歯を
入れたいとのご希望でした。

周囲の歯は削りたくない とおっしゃって
いたので、ブリッジではなく
インプラントでの治療プランを立てていきました。


審美歯科・インプラント
術中です。
歯ぐきの上にアバットメントが出ています。


治療途中です。

インプラントの埋込(まいにゅう)が終わり
歯ぐきの上に、インプラントと被せ物を
つなぐ「アバットメント」と呼ばれる部分が
出ている状態です。

多くのアバットメントは金属で出来て
いますが、オールセラミックのタイプの
白いアバットメントを使用すると、
被せ物をした後に 自然な透明感が得られ、
さらに、治療後の歯ぐきの黒ずみも
防ぐことが出来ます。

こちらの治療例では、アバットメントに
オールセラミックのジルコニアという
素材を使用しています。


審美歯科・インプラント 治療後です。
オールセラミックの被せ物がセットされました


治療後です。

アバットメントの上に、
白いオールセラミックの被せ物(クラウン)がセットされ、治療完了です。


オールセラミックのクラウンには
金属が含まれていないため、
治療後の変色や歯ぐきの黒ずみを
引き起こしません。

また、とても自然な透明感とツヤを
持っているので、まるでご自分の歯のように、とても自然に仕上がります。

かみ合わせのチェックも細かく行い、
治療後には
「とても自然な歯を、周囲の歯を削らずに入れてもらえて満足です。
自分の歯で かんでいるようです。」と
大変喜んでいただけました。

 


|治療例1|