審美歯科とふつうの歯医者さんはちがうの?


「虫歯を削った後、詰め物をしたけど銀色で口を開けて笑うと気になる」、
「歯が欠けた後を治したけど、周りの歯と色が違う」といった経験をお持ちの方も
多いのではないでしょうか。

 

普通の保険治療を行っている歯医者さんでは、「削った後を埋める」「欠けたところを治して噛めるようにする」といった機能の回復を中心に治療し、治療した後の見た目の美しさや、
周りの歯との色の違いにはに注意が払われない場合があります。
これは現在の保険治療制度が機能回復に重点を置いて、見た目の美しさには
あまり配慮をしていないためです。

 

しかし、口元の美しさはその人のイメージに大きな影響を与えます。
そこで登場したのが「審美歯科」です。
審美歯科を中心に診療している医院では、保険治療のような機能回復に加え、
治療後の自然さと美しさにも重点を置いて治療をしています。

 

審美歯科を専門にしてる医院では1本の歯のことだけでなく、
口元の全体のバランスを考えた治療をアドバイスしてくれます。
虫歯がなくても、歯の色や口元の美しさについて相談できるのが審美歯科です。

審美歯科で行える治療例


1.ホワイトニング治療

ホワイトニング治療は、ご自分の歯を削ることなく、手軽に歯の色を白くする治療法です。
差し歯や神経を抜いてしまった歯には行えません。

ホワイトニング治療の仕組みは、光やレーザーを歯に当てることにより
歯の内部の色素を分解し、色を白くさせるものです。
一般的に光よりも、レーザーで行うホワイトニングの方が、歯に与える負担が少なく
効果も高いと言われています。
最近では、特殊なジェルのみで行えるホワイトニングもあり、
アメリカなどでは最も新しいホワイトニング方法だと言われています。

ホワイトニング前
ホワイトニング治療前
→ ホワイトニング後
ホワイトニング治療後

2.セラミック治療

セラミック治療には、いくつかの種類があります。
被せ物の治療はセラミッククラウン、詰め物の治療はセラミックインレー、
歯の表面に貼り付ける治療はラミネートベニアです。

被せ物も詰め物も、保険治療でも行うことが出来ますが
セラミックという素材を使用することで、審美性が高まります。
セラミックは金属やプラスチック素材のように水を吸収しないので、
経年劣化による変色や変形を起こしません。
また自然なツヤと透明感を持っているので、まるでご自分の歯のように仕上がり、
その美しさを長期に渡ってキープすることが可能です。

セラミッククラウン治療前
セラミッククラウン治療前
→ セラミッククラウン治療後
セラミッククラウン治療後
セラミックインレー治療前
セラミックインレー治療前
→ セラミックインレー治療後
セラミックインレー治療後
ラミネートベニア治療前
ラミネートベニア治療前
→ ラミネートベニア治療後
ラミネートベニア治療後

3.インプラント治療

インプラント治療は、近年、急速に認知度の高まっている治療です。
歯の根元も含めて失われてしまった場合に、
人工の歯の根(人工歯根=インプラント)を埋め込み、上部に人工の歯を被せる治療です。
以前の差し歯や入れ歯と異なり、人工歯根はあごの骨などに結着させますので
噛んでいる感覚を取り戻すことが出来ます。

インプラント治療は、高度な外科治療を伴う治療ですので、
衛生的で設備の整っているクリニックで治療を受けることが大切です。
また、上部に被せる人工の歯にセラミック素材を使用すれば、
長期間に渡って見た目の美しさも保つことが出来ます。