セラミックインレーの治療例



審美歯科治療例4


セラミックインレー治療前の銀の詰め物の状態
以前の奥歯の治療を、白くキレイに治したい
とご相談にいらっしゃいました。


治療前です。

以前、写真の奥から2番目の歯に被せ物を、
両隣の歯に銀色の詰め物の治療を行った
とのことでした。
詰め物を白くしたい とのご希望と、
噛み心地が悪い気がするので
チェックして欲しい とのご相談でした。

セラミックインレー治療後。真っ白で自然な詰め物です
両側の歯はセラミックインレーを、
真ん中(写真奥から3番目)の歯には
セラミッククラウンをセットしました。

治療後です。

以前、銀色の詰め物が入っていた歯には
金属を含まないセラミックインレーを、
真ん中(写真奥から3番目)の歯には
セラミッククラウンをセットしました。

噛み合わせのチェックも細かく行い、
きちんと噛めるように、本来の歯の形を
セラミッククラウンで再現しました。

自然な形とお色に仕上がり
「全く目立たなくなり、口を開ける時や
食事の時に気にならなくなりました」と
とても喜んで頂きました。

 


治療例1治療例2治療例3|治療例4|治療例5