オールセラミックの治療例



審美歯科治療例1


セラミック治療前
治療する歯は向かって右の前歯1本です。
変色が始まって少しグレーになっています。

セラミック治療前です。

向かって右の前歯1本は
神経を取ってしまってから年月が経過し、変色が始まっています。
神経を取ってしまった歯の変色にはセラミック治療が効果的です。

今回はオール セラミッククラウン(金属を使用しないセラミックのみで作られた被せ物)で治療する事になりました。

セラミック治療中、土台を立てた画像
グラスファイバー製の土台をセットした後です。

土台にも、セラミッククラウンと同じ
白い材質のものを使用することで
土台が透ける心配もありません。
また、金属も使用していないので変色を
起こすこともありません。

注)セラミック治療のやり直しでは、現在入っている土台を外せない場合もございます。

セラミック治療中、仮歯の画像
土台の上に仮歯が入りました。

仮歯も、不自然に白いものではなく、周囲の歯と同じお色の仮歯をお入れします。
仮歯の状態で、仕上げのセラミックの歯の形や大きさ、角度などをご相談します。

周囲の歯とのバランスやかみ合わせといった、細かな調整がとても大切です。

セラミックの治療では常に仮歯が入った状態ですので歯が無いという期間はありません。ご安心下さい。

セラミック治療後
セラミック治療をした歯と周囲の
歯のバランスがとれているので、
仕上がりはとても自然です。

セラミック治療後です。

オール セラミッククラウンが入りました。
形、ツヤ感など見ていただいてもわかりますが、自身の歯と区別がつかないほどだと思います。

ドクターの高い技術により、このように歯ぐきから生えてきているように見せる事ができます。(歯ぐきの状態などにより個人差はあります)
歯茎との不自然な境目や、突出感がないので、とても自然に見えます。

素材にはオール セラミックを使用しているので、歯と歯ぐきの境目が黒く変色することもありません。
とてもきれいなお口元に仕上がり
「笑う時に口元を隠すことが無くなった」と、大変喜んで頂きました。

オールセラミック治療前
前歯にコンプレックスがあると
ご相談に見えました。


治療前です。

前歯が離れてしまい、幼い頃から
コンプレックスだったとご相談に来院されました。
矯正装置はつけたくない との
ご希望でしたので、セラミック治療を
選択されました。


オールセラミック治療後
前歯4本をオールセラミック、
周囲の歯にホワイトニング治療後です。


治療後です。

全体の歯のバランスを考慮して、
上の前歯4本にオールセラミックの治療を
行いました。
周囲の歯の着色も気になる とおっしゃっていたので、3回のホワイトニングコースも
合わせて行いました。

とても明るいお色のセラミッククラウンを
セットすることが出来、
「これからは口元に自信が持てるように
なりました」と、大変喜んで頂きました。

 


|治療例1|治療例2治療例3治療例4治療例5治療例6治療例7治療例8
治療例9治療例10治療例11治療例12治療例13治療例14治療例15
治療例16