奥歯の詰め物も白くしたい


奥歯の詰め物を 白い詰め物に替える治療法 〜セラミックインレー〜


下の奥歯は、上下の前歯の次に目立つ歯です。
大きな口を開けたり、笑った時に奥歯が気になるという事で、
自然で美しい詰め物を希望される方が増えています。

金属などを含んだ詰め物の場合は、お口の中で金属アレルギーを引き起こす心配があります。
アレルギーを起こさず、自然な白さを持ち、さらに強度も併せ持った詰め物が、
セラミックで作られたセラミックインレーでの治療です。

セラミックインレー治療前
銀色の詰め物の状態
→ セラミックインレー治療後
セラミックインレー治療後
セラミックインレー治療前
セラミックインレー治療前
→ セラミックインレー治療後
セラミックインレー治療後

どちらの治療でも、周囲の歯との色合わせを行い
自然な白さのセラミックインレーを入れることで、周囲の歯となじんだ仕上がりです。
「大きな口を開けることを、ためらう必要がなくなった」と、大変喜んで頂きました。

奥歯の治療の際に、とても大切な事は、歯全体の噛み合わせに配慮することです。
1本のみを白く仕上げるのではなく、左右の噛み合わせのバランスなど、
きちんとチェックを行います。
ただ美しいだけでなく、長期的に耐久性に優れ、噛み合わせという機能面にも配慮をして
治療をしてくれるクリニックを選ぶことが大切です。